夏だけじゃない!!冬のゴールドコーストの楽しみ方5つ

オーストラリアは、6月~8月がオフシーズンと言われていて、観光客が一気に減ります。

特に、サーフィン・海のイメージが強いゴールドコーストは、冬に行っても楽しくないと思っている人が多いようです。

しかし!!!

冬のゴールドコーストは、夏にはできない楽しみ方があるのです。

1.暖炉のあるお宿でしっぽり

ゴールドコーストのヒンターランド(山間部)に行くと、暖炉があるホテルがたくさんあります。

夏は暖炉なんて暑すぎて使えませんが、冬のヒンターランドは、最低気温が10℃以下になるので、暖房器具は必需品。

あえて、ヒーターではなくて、暖炉があるホテルを選ぶのがミソ!!

暖炉に火を起こして、ワインを飲みながらのんびり…とか。最高です!!

2.国立公園をトレッキング

夏は日中30℃を超えることも多く、暑くなるので、国立公園のトレッキングコースを歩くのも汗だくになり結構しんどい(笑)

でも、冬は日中20℃前後と過ごしやすく、空気も澄んでいて、歩くととにかく気持ちがいい。

6月~8月はトレッキングには最適な季節です。

虫が少ないのも良いところ!

3.満点の星空を見る。

オーストラリアといえば南十字星!!

というくらい、観光で来る人たちは南十字星を見るのを楽しみにしている人が多いです。

しかし、南十字星は、いつでも見れるわけではありません。

オーストラリアにいても、南十字星は見えない時期があるんです。

それはいつかというと、10月~1月頃まで。

この時期は、地平線ギリギリに輝いており、街の南側に高層建築物や山があるだけで、南十字星は見えなくなってしまいます。

(夜中に南十字星が天井に上がってくるので、夜遅くなれば見える)

冬は、南十字星が見れるのはもちろんのこと、空気が澄んでいるので天体観測には最適です。

4.クジラウォッチングに行く

オーストラリアの東海岸は、毎年冬になると、南極からクジラがやって来ます。

ゴールドコーストは、6月~10月のクジラが縦断する季節限定で、各旅行会社からクジラウォッチングツアーが出ており、船に乗って、間近でクジラを見る事が出来るんです!!

すごい迫力なので、まだ見たことが無いという人は、一生に一回はみてほしい!

また、船は苦手という人は、ビーチに行きましょう。

この季節は、ビーチでぼーっと海を眺めているだけで、クジラが塩を吹いたり、ジャンプしている様子を見る事が出来ます。

こちらも冬限定です。

5.3大テーマパークで乗り物に乗りまくる。

ゴールドコーストには、ドリームワールド・ムービーワールド・シーワールドという3大テーマパーク(遊園地)があります。

子供から大人まで人気があるので、夏の観光シーズンは激混み!!

しかし、冬のゴールドコーストはオフシーズンという事もあって、観光客がぐっと減ります。

なので、テーマパークは待ち時間も夏の半分くらいで乗れちゃうのです。

まとめ

冬のゴールドコーストは乾期で雨がほとんど降らないのも良いところ!!

ぜひ、冬しかできない楽しみ方でゴールドコーストを観光してみては?

広告
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサードリンク