もうすぐゴールデンウィーク!!オーストラリア旅行で絶対持ってくるべき持ち物7つ

もうすぐゴールデンウィークですね。

オーストラリア旅行を計画している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらに長く住んでいると、「オーストラリア旅行ってなに持って行けばいい?」と聞かれることが多々あります。

オーストラリアは発展途上国ではないので、こちらに来てからも、買い物で必要なものは大抵そろいます。

しかし、旅行となると、期間も限られていますし、いざという時に必要なものがなくて、探しに出かけるのも時間がもったいないです。

ということで、これから旅行でゴールドコーストに来る人に、これだけは持ってきた方がいいと思う持ち物をリストにしてみました。

1.変換プラグ

オーストラリアと日本では、コンセントのプラグ形式が異なります。

オーストラリアの基本プラグ形式はハの字型「O」です。

よく、日本人観光客の方が、宿泊先ホテルで変換プラグを借りようとしているのを見かけます。

もちろんホテルによっては、部屋に置いてあったり、レセプションで貸してくれる場合もあります。

しかし、それは高級ホテルの場合であって、通常のホテルはデポジットとしてお金を取るか、もしくは「あそこのコンビニに売ってるから買ってくれば?」といわれて終了です。

ホテルにおいてある変換プラグの数にも限りがあるので、ホテル混雑時は借りれない事もあります。

日本の電化製品を持ってくる予定の人は、日本から変換プラグ持ってきておいた方が安心です。

また、日本の電圧は100Vですが、オーストラリアは240Vです。

変圧機能がコンセントについているパソコンや、世界中で規格が同じスマートフォンはそのまま充電できますが、日本のドライヤーなどをそのまま使うとショートしてしまうので気をつけましょう。

もしパソコン・携帯電話以外の家電を使う場合は必ず変圧器が必要になります。

変圧器もホテルでの貸し出しはほとんどありません。

2.レンタルWiFi

ゴールドコーストの場合、無料のWifi環境を探すとなると、マクドナルド、スターバックス、ショッピングモール、空港などかなり限定されます。

ホテルでだけ使いたいという場合も、ゴールドコーストのホテルはWifiが有料の場所がほとんどです。

高いところでは一日$25もWifi使用料を取るうえに、回線スピードも速くはなく、時々切れたりしてストレスになる事も少なくありません。

オーストラリア滞在中にインターネット環境が必要な場合は、日本からレンタルしてきましょう。

3.日焼け止め

ゴールドコーストは年間365日中300日は晴天が続くと言われる街です。

しかもオーストラリアは世界で1番皮膚がんの発生率が高いと言われているだけあって、紫外線の強さは半端じゃありません。

こちらに来てからも日焼け止めは購入可能ですが、自分の肌に合うかどうかも分からないですし、SPFも低めです。

日本で使っているものがあれば持ってきましょう。

SPF50、PA+++以上のものを選んだ方が良いですよ。

4.雨具

雨が降らないといわれているゴールドコーストですが、雨が降る事ももちろんあります。

しかも、今の時期、こちらは天気が変わりやすく、突然降ってくることも多いので、持ち運びに便利な折り畳み傘は持ってきた方が良いでしょう。

特に団体旅行などのツアーで来る場合は、雨が降っていても観光に行かなくてはいけませんので雨具は必需品です。

オーストラリアで販売している折り畳み傘は、高いうえにすぐ壊れます。

現地での購入はお勧めしません。

5.上着・薄手のジャケット

4月中旬を過ぎると、朝晩は涼しいです。

ここ最近は、最低気温が15度以下になることも多くなってきたので、羽織れる物は絶対に必要です。

私の個人的なおススメは、ユニクロのウルトラライトダウンジャケットです。

え!?ダウン!?

と思う方もいると思いますが、まず飛行機の中が激寒ですし、観光で世界遺産の山に行くようであれば、朝は10度を下回ることもあるので、あると便利ですよ!

6.歩きやすい靴x1・おしゃれ靴x1

日中は、買い物したり、観光したり忙しいと思うので、歩きやすい靴をおススメします。

世界遺産観光はスニーカーが絶対おすすめです。

海に行く場合はビーチサンダルも必要かと思いますが、ビーチサンダルは、街中のどこでも手軽に購入できるので、わざわざ日本から持ってくる必要はないかもしれません。

おしゃれ靴は夜出かけるときにあると便利です。

夜、ちょっとおしゃれなバーやレストランに行く時には、オーストラリア人は結構なドレスアップをするので、女性はヒールの靴、男性は革靴をおススメします。

靴のサイズは、日本と表記が違いますし、オーストラリアではピッタリくるサイズがなかなか見つけにくいので、日本から持ってきた方がいいですよ。

7.スーツケースは1人1個

よく家族旅行だと、全員分の荷物を1つのスーツケースに詰めてくるという人がいますが、スーツケースは絶対に1人1個をおススメします。

なぜかというと、お土産を買って荷物が増えるからです。

お土産なんてそんなに買わないという人もいると思いますが、買うつもりがなくても、意外と買ってしまうものです(笑)

ジェットスター航空で来る場合は、荷物を預けるのにお金がかかりますが、カンタス航空・JAL・全日空は1人1個のスーツケースを預けられます。

まとめ

以上が日本から持ってきた方が良い持ち物です。

そのほかに細かいことを言えばいろいろありますが、日本の物でないと不便なものということであげてみました。

これからオーストラリアに旅行で来る方は参考にしてみて下さい。

広告
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサードリンク