国際結婚をして良かったこと5つ

国際結婚をして早7年。

前回は、苦労したことを記事にしましたが、今回は良かったことを考えてみました。

1.愛情表現がストレート

とにかく愛情表現がストレートです。

日本の男性は口が裂けても言えなさそうなセリフをストレートに伝えてくれるので、「この人、私のこと本当に愛してくれているのかな?」なんて不安になることは一切ありません。

2.多少のことでは喧嘩にならない

これは家庭によって違うかもしれませんが、私の場合は、言葉の壁があるので、多少腹が立つことがあっても主人と喧嘩にはなりません。

英語でいちいち喧嘩とか面倒くさいし。

主人は日本語がほぼ分からないので、なにか腹が立つことがあったら、にっこり笑って日本語で暴言を吐いています。(性格悪いw)

あと、異文化の2人が一緒に生活をしているので、日本の様に、「このくらい言わなくてもわかるでしょ!」とイライラすることはあまりありません。

つまりいちいち言わないと分かってくれないのですが(笑)

3.友達が増えた

今までは、日本人コミュニティーの中だけで生きていましたが、国際結婚をしてからは、とにかく友達が増えました。

主人の友人が私の友人にもなり、逆に、私の友人が主人の友人にもなり…。

国際結婚していなければ、こんなにローカルの人と知り合いになる事は絶対になかったと思います。

そして、ローカルの友人が増えたことによって異文化交流にもなって、人生経験が豊かになったと思います。

4.オーストラリアでいろんなベネフィットが得られる

日本人ですが、オーストラリア人と結婚していることによって、オーストラリア人とほぼ同じベネフィットを得ることが出来ます。

オーストラリアに入国する時に、外国人用の列に並ばなくていいし、メディケアも貰えるし、学校も安く通えます。

5.嫁姑問題がない

日本のような嫁姑問題なんて、オーストラリアでは聞いたことがありません。

むしろ、私の場合、「遠い日本からお嫁に来てくれてありがとう!!」といまだに言われて、すごく良くしてもらってます(笑)

まとめ

バックグラウンドが違う国際結婚の一番の魅力は、同じ国同士の結婚と違って、いろんな文化を学ぶことが出来るという事ではないでしょうか?

国際結婚をしていると、いろいろと苦労もありますが、その分、他よりもコミュニケーションが重要なんじゃないかなと思います。

国際結婚をしている皆さん、お互い頑張りましょう!!

広告
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサードリンク