世界からも注目!!日本未上陸のオーストラリアファッションブランド(シティウェア編)8つ

オーストラリアってあんまり「ファッション」というイメージがない人も多いのではないでしょうか?

ただ最近は、ハリウッドセレブ御用達のオーストラリアブランドも増え、日本のファッション誌でも注目されるようになってきました。

特に日本で有名なのは、シープスキンを使った「UGGブーツ」。そして、モデルの中村アンさんやスタイリストの風間ゆみえさんが愛用していることでも有名な「ヘレンカミンスキー」ですよね。

ただ、日本ですでに有名なものを紹介しても面白くないので(笑)

今回は、今、世界で注目を集めているオーストラリアブランド、特にローカルの女の子たちに人気があるファッションブランドをまとめてみました!

1.cotton on

オーストラリアでいうユニクロ的存在。ファストファッションブランド。無地などの定番アイテムからトレンドアイテムまで種類豊富に揃っているお店です。

また、Cotton on Body(下着・パジャマ・水着)Cotton on Baby(ベビー服や小物)Cotton on Kids(子供服)とあり、このお店に行けば、家族全員の洋服をすべてそろえることが可能。

値段はTシャツ1枚約$10~。物価の高いオーストラリアでは珍しく、安い値段で最新トレンドを取り入れた洋服を購入することが出来るので、私もワーキングホリデーの時代は大変お世話になりました。

最近、サーファーズパラダイスの中心に3階建ての大型店が出来ました。

cotton on ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$40~(国によって異なる)

届くまでかかる時間:9~26日(国によって異なる)

2.Supre

10代の女の子に人気。

カジュアルでポップなTシャツやタンクトップから、パーティーに来ていけそうなセクシーでかわいいドレスまで種類が豊富にあり、値段も安いです。

サイズも豊富で小柄な日本人もサイズ探しに困らないのが良いところ!こちらもファストファッションブランド。

Supre ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$40~(国によって異なる)

届くまでかかる時間:9~26日(国によって異なる)

3.Sportsgirl

シドニー発の10代から20代向け女性ブランド。

洋服だけでなく、バッグやアクセサリー・コスメなども揃っています。

ビーチ系ファッションブランドで、デザインもちょっと大人っぽいので、日本に帰ってからも引き続き着ることができそうな感じ。値段は上記2つのブランドと比較すると若干高め。

ワーホリ時代のあこがれブランドでした。(笑)

Sportsgirl ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$80以上のお買い物で無料($80に満たない場合は$25の送料)

届くまでかかる時間:10日以内(土日祝日を除く)

4.Forever New

メルボルン発のブランドで20代から30代のフェミニン系女性をターゲットにしています。

もちろんカジュアルな洋服もありますが、どちらかというと、パーティーやお呼ばれの時に着ていけるようなドレスやトップスが豊富です。

華やかで女性らしいデザインのアクセサリーやシューズ、バッグも取り揃えています。

個人的にはクラッチバックがおススメ。

会社に着ていけるようなきれいめパンツやスカートもあるので、こちらも日本で使いやすいブランドではないでしょうか。

Forever New ホームページ(英語)

日本までの配送:無し

5.One teaspoon

2000年に、当時若干18歳だったJamie Blakeyが立ち上げたブランドです。

エッジのきいたストリート系にすこしロックのテイストが含まれたファッションです。

ジーンズの種類が豊富なのですが、なかでもダメージ加工されているジーンズは色・丈・ダメージの入り具合など自分の好みのものが必ず見つかります。

色合いもシンプルで、自分の手持ちのお洋服にも合わせやすい。もちろんTシャツやタンクトップ、リラックス系ドレスなども取り揃えています。

最近はアメリカのセレブにも注目されていて、ニコール・リッチー、アシュレイ・ティスデイルなどが着ているようです。

One teaspoon ホームページ(英語)

日本までの配送:無し

6.MLM

こちらはデザインがとにかく素敵!!ただ値段が高い!!

このブランドのテーマは「現代的なエッジが効いた永遠に着用可能であるコレクション」だそうで、 シンプルな素材を使っているのですが、大胆なカットワークとシルエットで女性らしさを惹きたてるデザインになっています。

とにかくデコルテ部分やちょっとしたトップスの袖口などのデザインが美しくて、身体のラインをとっても綺麗に見せてくれます。

特に人気なのは、オフショルダーのドレスやトップスなど。シンプルでベーシックなデザインの中にもセクシーさをほど良くプラスした女性らしいアイテムが揃っています。

時代にも左右されないベーシックなテイストをとっているので、ちょっとお値段は高いけど、買う価値はあるかも!

MLM ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$300以上のお買い物で無料($300に満たない場合は$20の送料)

届くまでかかる時間:5日以内(土日祝日を除く)

7.Mink Pink

こちら私の大好きなブランドです。

ストリートスタイルなんですが、オーストラリアらしいリラックスした雰囲気がとにかく可愛い。トレンドを取り入れながらも、ヴィンテージ・クラシック感を残した着心地のいいデザインで、なおかつ値段も手頃!!色合いも日本人の肌に合っておススメです。

シドニー発のブランドですが、今はオーストラリアとニュージーランドだけでも1000店舗以上あるので、どこでも手に入れることが出来ます。

ちなみにこのブランド、リンジー・ローハンやニコール・リッチー、キム・カーダシアン、ケイティ・ペリー、ホイットニー・ポートなど数多くのセレブも愛用しています。

Mink Pink ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$150以上のお買い物で無料($150に満たない場合は$30の送料)

届くまでかかる時間:14日以内(土日祝日を除く)

8.Zimmermann

これも私がこよなく愛するブランド。ですが、値段が高い!!!(笑)

1991年Nicky(ニッキー)、Simone(シモーヌ)Zimmermann(ジマーマン)の姉妹により結成されたオーストラリアブランドで、シドニー発。今は、オーストラリア全土とアメリカに数店舗ありますが、日本は未上陸です。

デザインはフェミニン系なのですが、だからといって甘すぎることもない(私は甘めが苦手)。色使いとデザインがとにかく繊細で美しいのが特徴です。シンプルなデザインのTシャツなんかも、形がとにかく美しい。洋服だけではなくアクセサリーやビーチウェアも取り扱っています。

私のおすすめは何といってもドレス!ワンピースもロンパースもすごく上品で、アラサーの女性にこそ来てほしいデザインばかりです!

このブランドもセレブに愛用者が多く、ミランダカーやビヨンセ、セレーナゴメス、イギリスのキャサリン妃などが愛用しています。

Zimmermann ホームページ(英語)

日本までの配送:あり

送料:$500以上のお買い物で無料($100-$500は$20の送料)

(-$100は$25の送料)

届くまでかかる時間:4日以内(土日祝日を除く)


ゴールドコーストでは、上記のブランドは「Pacific Fair」という大型ショッピングセンターで購入することが出来ます。

サーファーズパラダイスからは、トラムに乗れば南側終点の駅がこのショッピングセンターの正面です。

ということで、いかがでしたでしょうか?日本ではなかなか手に入らないブランドばかりなので、オーストラリアに来る機会があれば、ぜひチェックしてみて下さい!

広告
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサードリンク