【写真で見る】一生に一回は行ってほしい!オーストラリアの美しすぎるビーチ5選

オーストラリアに10年も住んでいると、国内旅行も様々なところに行きました。

私は、海か山かと言われると海が好きなタイプなので、行くところはどうしてもビーチリゾートが多くなる傾向にあります。

今回は、今まで行ったところで、特にここは綺麗だったなと思うオーストラリア国内ビーチを自分で撮影した写真で紹介したいと思います。

1.ワイングラスベイ(Wine glass bay)

ワイングラス・ベイは、世界の10大ビーチのひとつに数えられるんだそうです。

タスマニア州のフレシネ半島というところにあります。

ワイングラスのようにきれいな曲線を描くビーチなので「ワイングラス・ベイ」という名前がつきました。(私の写真からは分かりにくいです)

海水の透明度がすごい。そこの方までクリスタルクリアです。

ワイングラスベイ

展望台の上から眺めるだけでもきれいなのですが、ビーチまで降りるとその美しさは息をのむほどです。

ワイングラスベイ

2.ヘロン島(Heron island)

ヘロン島はグレートバリアリーフのサザンリーフ諸島に属するサンゴでできた小さな島です。

周囲2kmほどしかないのですが、リゾートアイランドになっていて、宿泊することが出来ます。(リゾートエリアを除く全てが国立公園に指定)

島へは船か、ヘリコプターで移動。私はヘリコプターで行きました。

生まれて初めて見たリーフに感動!!

ヘロン島

ビーチに行けばすぐサンゴ礁

ヘロン島

引潮の時は、リーフウォークツアーに参加。サンゴを傷つけないように合間を歩きながら、綺麗な熱帯魚を見る事が出来ます。

ヘロン島

3.レディーエリオット島(Lady Elliot island)

ゴールドコーストからセスナ機で約2時間。グレートバリアリーフ最南端の島です。

まわりにはマンタやウミガメ、美しい珊瑚礁や熱帯魚が生息しています。

レディエリオット島

カラフルな熱帯魚がビーチで見れます。

レディエリオット島

(レディーエリオット島1日ツアーの記事はこちらをご覧ください。)

4.ホワイトヘブンビーチ(White heaven beach)

ホワイトヘブン・ビーチの砂は、世界のどこよりも白いと言われています。

98%がシリカから成るホワイトへブンの砂は、熱がこもらず、すごく細かいパウダーのような粒子となっています。そのため、一日で一番暑い時間帯でも、砂浜を歩くことができるんだそうです。

たしかに!!砂の粒子が本当に細かい!!!

ホワイトヘブンビーチ

ケアンズからは船で移動。こちらは到着後に船から撮影した写真。エメラルドグリーンの綺麗なビーチが7キロにわたって続きます。

ホワイトヘブンビーチ

澄み切ったブルーの海。コメント要らない美しさですよね(笑)

ホワイトヘブンビーチ

5.ミコマスケイ(Micgaelmas cay)

ミコマスケイは、大きなサンゴ礁(ミコマスリーフ)に囲まれたラグーンの中に、サンゴや貝殻の欠片が堆積して出来た小さな島です。

ケアンズの北東約43kmのところにポツリと浮かぶ小さな砂の島で、別名「野鳥の楽園」と呼ばれています。

特別保護地区に指定されていて、桟橋等の人工物は何もありません。

ケアンズからカタマランに乗って2時間ほどで行くことができます。

ミコマスケイ

さすが人工物が何もない島。透明すぎる海。カタマランから小さいボートに乗り換えてビーチに移動する際撮った写真です。

ミコマスケイ

シュノーケリングでこんなきれいなサンゴ礁と熱帯魚を見る事が出来ます。

この写真撮った私天才w

ミコマスケイ

まとめ

オーストラリアはさすが検疫が厳しいだけあって、自然が守られていて本当に綺麗です。日本ではここまで美しいビーチってなかなかないですよね。

何もしなくても、綺麗な海を眺めているだけで癒されます。

まだまだ行ってみたいビーチがたくさんあるので、行く機会があれば、また紹介しますね!

広告
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサードリンク